リターン急増?信用取引にかかる費用を安くするための方法

信用買いや信用売りは長期ホールドしないのが基本

信用取引では、信用買いや信用売りをすることができますよね。しかし、この方法にはコストがかかってしまいます。信用売りでも信用買いでも、どちらにしても金利がかかってきて、それがリターンを圧迫してしまうわけです。金利のかかるこうした売買の方法は、長く継続をするのはやめた方がいいでしょう。可能な限り早期に精算をすべきなのです。長期的にホールドしていると、金利分のコストが垂れ流し状態になってしまいます。ただ、半年で自動的に精算されるので、そう怖がる必要はないかもしれません。

売買の回数は可能な限り減らすのが理想

信用取引といっても、売買手数料は毎回かかります。手数料はもちろん、利益が出たときには税金までかかってくるので、可能な限り売買の回数は減らすようにするのが理想ですね。大きく下がったところで買って、大きく上がったところで売ることができれば、細かく毎日トレードするよりも大きなリターンを手にすることができるはずです。デイトレードをするなら、最低限手数料が無料になる証券会社を選択するのがいいでしょう。手数料が無料なら売買の回数は気にしなくても大丈夫です。

投資する銘柄にも注意が必要

信用取引でもETFを買うことはあるでしょう。ETFを買うときには、信託報酬に注意しなければいけません。信託報酬というのは、その銘柄をホールドしているだけで毎年かかってくるものです。信託報酬が高ければ、それだけダイレクトにリターンが減るということですから、この数字には注目せざるを得ません。ETFは幸い信託報酬が安い傾向が強いので安心ですが、中には0.5%を超える信託報酬の銘柄もあります。そうした銘柄は回避するのも賢い方法ですね。

信用取引を行う際には費用や手数料が掛かりますが、信用取引の費用や手数料は証券会社によっても異なるので、注意が必要です。

loading
×