盲点になりやすい?信用取引において気をつけるべき金利の話

信用取引にはメリットがいっぱい

まず、信用取引には現物取引にはないメリットがたくさんあることを知っておきましょう。投資余力を増やすことができるという点が大きいですが、他にも信用買いや信用売りを利用することができるようになるという利点があります。信用売りは俗に空売りとも呼ばれていて、これを使えば世界的な不況時にも利益を生み出すことができて便利です。現物株のみでは、なかなかこうした下げ相場で儲ける手法を見つけることができません。日経インバースETFを買うぐらいが関の山になります。

ただし信用取引では金利に注意!

とても便利な信用取引ですが、注意をすべき点もいくつかあります。まず、六ヶ月後には強制的に決済が行われてしまうことを忘れてはいけません。信用取引においては、長期で株を持ち続けることはできないのです。しかも、信用買いについても信用売りについても金利が発生してしまいます。毎日コストがかかることもありますから、売買のサイクルは可能な限り早めるのが正解です。バイアンドホールド戦略は、信用取引では基本的には使えないと考えて問題はないでしょう。

コストを抑えて取引をする方法

信用取引でコストを抑えたいなら、ポジションは日をまたいで持ち越さないことが重要になるでしょう。短期間で売り買いの一サイクルを完成させれば、金利については無視することができます。強制決済についても心配がなくなりますし、そういった意味でも信用取引はデイトレードに向いていると言えますね。資金量が豊富なら、一日に何度も売買を繰り返すことになります。そのたびに売買手数料を取られるのは損ですから、一日定額制に切り替えておくといいかもしれません。

株の信用取引の金利の相場について理解をするにあたり、複数の仲介業者のサポートに注目をすることが大事です。

loading
×