自己破産手続きには費用がかかるっとホント!?弁護士選びは慎重に

分割払いに対応した弁護士を選べば安心

自己破産を行なう際には、自分で申し立てようとしても債権者とのやり取りを行なう際に、罠にはめられてしまう可能性があり危険です。弁護士に依頼すれば、間に入って債務調査から陳述書の作成までを一気に行ってもらえます。弁護士費用については、自己破産申請する人にお金が無いことは弁護士も分かっているので、分割払いに応じる弁護士事務所を選ぶと良いでしょう。弁護士により費用が大きく異なるので、少しでも安く済ませたい場合には手続きに慣れた弁護士に依頼することが必要です。

過払い金があれば弁護士費用に充てられる

改正貸金業法が完全施行される前からの借入がある場合には、過払い金返還請求が行なえます。金融業者から戻ってきた過払い金を弁護士費用に充てることも出来るので、債務調査段階で過払い金返還請求訴訟の提起を行ってもらえば、費用の持ち出しを安く出来ますよね。弁護士事務所にとっては、自己破産を行なう前に過払い金返還請求を何れにしても行なう必要があるので、契約時の書類を破棄せずに用意した上で弁護士に相談すると良いでしょう。

専門家に任せないと手続きに問題が出ることもあります

自己破産手続き自体は、自分でも裁判所で開催されているセミナーを受講して行なうことが出来ます。しかし、会社勤めを行いながら債権者から全取引履歴を取り寄せて金利引き直し計算を正確に行い、陳述書の作成をして提示することは困難を伴うでしょう。弁護士に任せれば、多くの手間を省けるので初めて行なう手続きに対して、間違いなく自己破産申請から破産免責決定までをつつがなく行なうことが出来るので、利用しない手はありません。

自己破産してしまい、生活に苦しんでいる方は、その事実を隠すのではなく、弁護士に必ず相談するようにしましょう。今後の対応についての指導、助言が頂けます。

自己破産を内緒を見つける
自己破産の費用の記事
loading
×