これから投資をしようと思い立った時の失敗しないファンド選びとは

そもそもファンド会社はどのように運営をしているのか

ファンドといえば一般的なイメージとしては株などの金融商品やベンチャー企業への投資といったものを思い浮かべる人が多いと思いますが、大きくは「投資型ファンド」と「事業型ファンド」に分かれていて、前述した内容は「投資型ファンド」にあたります。「事業型ファンド」の方は共同の事業に投資するということをいい、現物の映画や競馬、社会インフラの鉄道などに投資する事をいいます。投資対象が多岐に渡るため選択に迷いますが、ファンドを使うメリットとして一定の利回りを目標にしている場合が多く、その運用内容に魅力があるとか、多くの投資家達からの資金が一つにまとまる事で投資の対象会社に対する影響力を大きくする事ができるなどがあります。

自分に合った投資対象を見つけるために気を付けること

投資を始めるときにいきなり投資対象を選んではいけません。これは重要なポイントでまずは自分の投資用の資金を資産の大まかな分類を把握することから始めます。そしてそれらのどれにいくら投資をするのかを決めてから、投資対象を選ぶべきです。これは自分がどれくらいのリスクを負っているのか把握するために必要な手順で重要なことです。相談相手はプロの金融マンだからといってアドバイスを盲目的に信じて運用を決めてしまってはいけません。

分配金以外にも注意すべき選ぶ時の判断材料とは

個人投資家にできるのは、運用に問題ない投資対象を見つけるほかに手数料の安いものを選ぶという事です。これは後々、ジャブのように効いてきますから、分配金がいくらになるのかという事よりも検討しなければならない項目です。また運用に対する税制についても良く把握している事が重要となります。こうした運用コストの部分も洗い出してからトータルでどのような運営になるのか、良く把握してイメージしておく事が投資家の成功・失敗の分かれ道となるのです。

ファンドのランキングの推移を見守ることで、顧客対応の良い仲介業者の特徴をすぐに理解することができます。

フィデリティusハイイールドファンドの方はこちら
loading
×