アニメ文化もあり声優は人気がある仕事になってきた

声優になりたい!どうすればいいか?

声優になりたいと言って、アルバイトの面接のように軽い気持ちでなれるわけではありません。求人情報誌で探す仕事でもありません。では、どういった人が声優になることができるのでしょうか。アニメの専門学校に行く選択肢もあるし、声優の養成所に通う方法もあります。全く声優の仕事をしたことがない人が、主役に抜擢されることなどありません。下積み時代を経てから有名になるので、まずはこのどちらかから始めてみてはいかがでしょうか。

オーディションに合格する

オーディションに合格しなければ役をもらうことができません。もちろん、そのオーディションを受けさせてもらうのにも選考があるのです。事務所によって、役柄に合いそうな子を選ぶので、事務所内でオーディションをして通過しなければならないのです。そのため、普段の実力がどれくらいなのかをマネージャーや講師の人に知ってもらうことが重要です。事務所や、スクールの代表として試験を受けに行くので、個人の問題ではすまされないので責任重大なのです。

声優の仕事で成功するのは事務所の力

声優の仕事だけで生活していくには、続けて新しい仕事が来るような人間にならなければいけません。唯一無二の声を出せる人や、いろいろな役柄で声を使い分けれられる人、監督のイメージに合わせらえる人など仕事をしながらも、次の仕事がもらえるような活躍をしなければならないのです。事務所と監督はつながりが強く、長期的に同じ声優さんを使ったり事務所の子を使ったりするので、自分の仕事がその先の事務所の運命を握っているとも考えられますね。

今も昔も、声優を希望する人は一定数存在しています。声優の養成所は、彼らの夢をかなえる絶好の場所でもあります。

loading
×