人事労務管理の専門家!社会保険労務士の3つの仕事内容とは?

書類の提出代行を行なう1号業務

社会保険労務士の仕事内容は大きく3つの業務があります。その中で1号業務と呼ばれる内容は、労働法や各種社会保険関係法令に定める書類の作成や提出を事業主に代わって行なう業務のことを指します。例えば、新たな従業員を雇った際に行なう業務としては雇用保険や厚生年金保険法・健康保険法における「資格取得届」の提出、従業員が退職する際は「資格喪失届」の提出や「離職票」の作成などの業務があります。書類の作成を労務管理の専門家である社会保険労務士に依頼することでミスなく事務手続きが可能です。

労働関係法令に基づく帳簿などを作成する2号業務

社会保険労務士が行なう2号業務とは、労働関係法令に基づく、会社が備えておかなければならない帳簿書類の作成業務を指します。例えば、労働基準法における「労働者名簿」、「賃金台帳」の作成や、時間外労働を行わせる可能性がある場合に作成が必要な時間外労働の労使協定書などが挙げられます。それ以外にも10名以上の従業員がいる会社であれば作成義務のある「就業規則」はとても大切で、会社で働いてもらう従業員のルールブックと言えます。就業規則の作成を社会保険労務士に依頼することで労働法令を遵守することは勿論のこと、会社から従業員に対してどのように働いてもらいたいかを伝える良いツールにしましょう。

コンサルティング業務などを行なう3号業務

社会保険労務士の3号業務とは、人事労務管理に関するコンサルティング業務を指します。例えば、業務改善を図るための労働時間管理や会社で働くうえでの服務規律規程の作成などをコンサルティングすることで、会社の業績向上と従業員満足のどちらにも寄与するアドバイスを行います。その他、社内のメンタルヘルス対策や新人社員研修など人事労務管理に関する困りごとについて、専門的な知識をもとに適切な助言や解決策を提示します。

社会保険労務士の就業規則の大切さを把握するうえで、いくつかの同業他社の取り組みに目を向けることが良いでしょう。

渋谷の社労士の続きはこちら
loading
×