通信制大学で効率的に単位を取るためのヒント集

試験はテキストから出る!

通信制大学に通っている人は、仕事や家庭を持っていて忙しい場合が多いと思います。そのような方々が毎日単位認定試験に向けての勉強時間を取るのは難しいですよね。そこで、通信制大学で効率よく単位を取得するためにはどうすればよいかご紹介します。まず、時間のない場合はテキストのまえがき、あとがきの部分や、各章の最初と最後の部分に重要なことが書かれているので、そこを重点的に勉強することをおすすめします。試験で問われるのもこうした部分からであることが多いです。

選択式の試験は取りやすい

通信制大学の単位認定試験は記述式か選択式かのどちらかの形式になっていることが多いですが、もしどちらを選んでも構わないのであれば、選択式の試験のほうが単位を取得しやすいと言えます。記述式の試験は教科書の持ち込み可であることがほとんどですが、限られた時間の中で答案を練って文章にするのは骨が折れます。そこで、事前に多少学習しておいて、選択式の試験を受ければ必要な問題数(6~7割程度)を正解することも難しくありません。選択式試験であれば、試験終了後に自分でテキストと照らし合わせて答え合わせもできますよ。

過去問はしっかり見ておこう

大学によっては直前数回の試験の過去問を学生向けに公開している場合があります。このように単位認定試験の過去問を閲覧することができるのであれば、ぜひ一度目を通してみてください。本番の試験でどのような問題が出るか予測しておけば、当日試験問題を見て慌てることがありません。中には、以前と同じ問題を出す科目もあります。忙しい方も、あきらめずに効率よく学習すれば、最短の2年間で通信制大学を卒業することも十分に可能です。

通信制大学は、インターネットを利用して学習ができるシステムが用意されているため、まずはカリキュラムの内容を確認することが良いでしょう。

英語の教員免許を通信とは
国語の教員免許を通信の詳細はこちら
loading
×