よく理解しよう!担保を預け信用取引で資産運用する事の重大さ

レバレッジ効果で効率よく資産が増やせるメリット

資産運用の手段は、通常の方法による取引に加えて信用取引も選択肢の一つです。信用取引で資産運用を行うメリットは、担保を預けることにより効率よく資産が増やせる点にあるでしょう。信用取引にはレバレッジ効果があり、担保として預けた保証金を活用して大きな資金を動かせる利点があります。少ない資産でも担保を活かして投資資金を大きく動かせることから、これから資産運用を始めようと考える人も信用取引を検討する場合が少なくありません。

予想を誤れば追加で担保を失うデメリット

資産運用のため信用取引を行うことにはデメリットの面もあります。成功すれば大きな利益を得られる一方で、予想を誤った場合には損害も大きい点には注意が必要ですね。状況が好転せずに負債がさらに膨らめば、担保である保証金を失うばかりか追加で担保をさらに預ける必要があり、それ以降の投資が続けられません。このように信用取引で資産運用を行うのであれば、預けておいた担保を含め大切な資産を失う可能性がある点に注意を要するでしょう。

利点と欠点を踏まえた信用取引による資産運用

信用取引を資産運用の方法に用いるには、メリットとデメリットがあることを理解しなければなりません。その点を踏まえて上手に信用取引で資産運用するためには、投資経験が十分にあるかが重要でしょう。経験が浅い初心者は判断を誤る可能性が高く、預けた担保を失うだけにとどまらず、投資にのめり込んでさらに負債を膨らませる人が少なくありません。まずは資産運用の経験を積み重ね、その後の選択として信用取引が視野に入ります。

株の信用取引は、信用による取引ですが担保が必要です。現金、株式などの有価証券などが信用取引の担保になります。株式は変動がありますので時価に一定の率を乗じます。担保の3倍程度の取引ができます。

loading
×