ARCHIVE

アニメ文化もあり声優は人気がある仕事になってきた

声優になりたい!どうすればいいか?

声優になりたいと言って、アルバイトの面接のように軽い気持ちでなれるわけではありません。求人情報誌で探す仕事でもありません。では、どういった人が声優になることができるのでしょうか。アニメの専門学校に行く選択肢もあるし、声優の養成所に通う方法もあります。全く声優の仕事をしたことがない人が、主役に抜擢されることなどありません。下積み時代を経てから有名になるので、まずはこのどちらかから始めてみてはいかがでしょうか。

オーディションに合格する

オーディションに合格しなければ役をもらうことができません。もちろん、そのオーディションを受けさせてもらうのにも選考があるのです。事務所によって、役柄に合いそうな子を選ぶので、事務所内でオーディションをして通過しなければならないのです。そのため、普段の実力がどれくらいなのかをマネージャーや講師の人に知ってもらうことが重要です。事務所や、スクールの代表として試験を受けに行くので、個人の問題ではすまされないので責任重大なのです。

声優の仕事で成功するのは事務所の力

声優の仕事だけで生活していくには、続けて新しい仕事が来るような人間にならなければいけません。唯一無二の声を出せる人や、いろいろな役柄で声を使い分けれられる人、監督のイメージに合わせらえる人など仕事をしながらも、次の仕事がもらえるような活躍をしなければならないのです。事務所と監督はつながりが強く、長期的に同じ声優さんを使ったり事務所の子を使ったりするので、自分の仕事がその先の事務所の運命を握っているとも考えられますね。

今も昔も、声優を希望する人は一定数存在しています。声優の養成所は、彼らの夢をかなえる絶好の場所でもあります。

人事労務管理の専門家!社会保険労務士の3つの仕事内容とは?

書類の提出代行を行なう1号業務

社会保険労務士の仕事内容は大きく3つの業務があります。その中で1号業務と呼ばれる内容は、労働法や各種社会保険関係法令に定める書類の作成や提出を事業主に代わって行なう業務のことを指します。例えば、新たな従業員を雇った際に行なう業務としては雇用保険や厚生年金保険法・健康保険法における「資格取得届」の提出、従業員が退職する際は「資格喪失届」の提出や「離職票」の作成などの業務があります。書類の作成を労務管理の専門家である社会保険労務士に依頼することでミスなく事務手続きが可能です。

労働関係法令に基づく帳簿などを作成する2号業務

社会保険労務士が行なう2号業務とは、労働関係法令に基づく、会社が備えておかなければならない帳簿書類の作成業務を指します。例えば、労働基準法における「労働者名簿」、「賃金台帳」の作成や、時間外労働を行わせる可能性がある場合に作成が必要な時間外労働の労使協定書などが挙げられます。それ以外にも10名以上の従業員がいる会社であれば作成義務のある「就業規則」はとても大切で、会社で働いてもらう従業員のルールブックと言えます。就業規則の作成を社会保険労務士に依頼することで労働法令を遵守することは勿論のこと、会社から従業員に対してどのように働いてもらいたいかを伝える良いツールにしましょう。

コンサルティング業務などを行なう3号業務

社会保険労務士の3号業務とは、人事労務管理に関するコンサルティング業務を指します。例えば、業務改善を図るための労働時間管理や会社で働くうえでの服務規律規程の作成などをコンサルティングすることで、会社の業績向上と従業員満足のどちらにも寄与するアドバイスを行います。その他、社内のメンタルヘルス対策や新人社員研修など人事労務管理に関する困りごとについて、専門的な知識をもとに適切な助言や解決策を提示します。

社会保険労務士の就業規則の大切さを把握するうえで、いくつかの同業他社の取り組みに目を向けることが良いでしょう。

渋谷の社労士のブログ

通信制大学で効率的に単位を取るためのヒント集

試験はテキストから出る!

通信制大学に通っている人は、仕事や家庭を持っていて忙しい場合が多いと思います。そのような方々が毎日単位認定試験に向けての勉強時間を取るのは難しいですよね。そこで、通信制大学で効率よく単位を取得するためにはどうすればよいかご紹介します。まず、時間のない場合はテキストのまえがき、あとがきの部分や、各章の最初と最後の部分に重要なことが書かれているので、そこを重点的に勉強することをおすすめします。試験で問われるのもこうした部分からであることが多いです。

選択式の試験は取りやすい

通信制大学の単位認定試験は記述式か選択式かのどちらかの形式になっていることが多いですが、もしどちらを選んでも構わないのであれば、選択式の試験のほうが単位を取得しやすいと言えます。記述式の試験は教科書の持ち込み可であることがほとんどですが、限られた時間の中で答案を練って文章にするのは骨が折れます。そこで、事前に多少学習しておいて、選択式の試験を受ければ必要な問題数(6~7割程度)を正解することも難しくありません。選択式試験であれば、試験終了後に自分でテキストと照らし合わせて答え合わせもできますよ。

過去問はしっかり見ておこう

大学によっては直前数回の試験の過去問を学生向けに公開している場合があります。このように単位認定試験の過去問を閲覧することができるのであれば、ぜひ一度目を通してみてください。本番の試験でどのような問題が出るか予測しておけば、当日試験問題を見て慌てることがありません。中には、以前と同じ問題を出す科目もあります。忙しい方も、あきらめずに効率よく学習すれば、最短の2年間で通信制大学を卒業することも十分に可能です。

通信制大学は、インターネットを利用して学習ができるシステムが用意されているため、まずはカリキュラムの内容を確認することが良いでしょう。

英語の教員免許を通信とは
国語の教員免許を通信の関連タグ

色んな所で使用できる!エクセルのテクニック

家計簿などに使用できるエクセル

エクセルのテクニックを習得していれば、家計簿などに使用する事ができるんですよね。お金の出費を一度に確認できて、無駄な出費が発生していないかどうか確認を行えるでしょう。実際に家庭のパソコンでエクセルを使用する頻度も近年上昇しているんですよね。エクセルならば簡単に修正を行えますし、大切な情報もきちんと保存できます。エクセルのテクニックを習得して、家計簿などに活用できれば、更に生活の質を上げられるケースもありますよ。

仕事の資料作成で使用できるエクセル

仕事の資料作成で可能な為、会社や企業でもエクセルで資料作成を行っている時が多いんですよね。素晴らしい資料を作成できれば、会社内の評価も上げられるので一石二鳥でもありますね。そこまでエクセルを使用した資料作成は難しい訳ではありません。誰でも気軽に作成を行えて、簡単に修正も実施可能な為、多くの人が行っていますね。特に見やすい資料を作成できた場合、色んな資料作成を命じられるケースもあるので、仕事の充実感も味わえるでしょう。

マクロなども使用できれば更なる高み

エクセルを使用する時、マクロを実施できれば、自動で色んな処理を行ってもらえるので非常に便利なんですよね。色んなツールを実施できるので、ミスが発生しないように日頃の作業を効率よく行えるんですよ。しかしマクロは思っている以上に難しい技術が必要になりますよ。少しずつ勉強していかないと高度なマクロを使用できないですね。大変ではありますが身につけられれば、仕事や生活など色んな状況の中でエクセルを使用する事が可能ですよ。

CADのスクールの授業の内容をきちんとマスターすることで、就職後に役立つ知識を習得することができます。

簿記初心者がまず理解すべき3つのポイント

財務諸表の役割を理解する

簿記の初心者が初めて勉強してまずつまづくのが、初めて聞く用語が多いことです。その中でも、貸借対照表と損益計算書の意味が理解できていないケースが少なくありません。その違いのイメージを簡単に示します。貸借対照表というのは、その一決算時点のストックの状態です。その時点でどれだけ資産があり負債があり純資産があるのか、ということが分かる表です。損益計算書は、一定期間のフローがどうだったかを見る表です。つまり、前期の貸借対照表の状態から、今期の貸借対照表まで、どんなお金の移動があってそうなったのかが分かる指標と言えます。簡単なイメージだとこのような違いがあります。

勘定科目って何?最初は誰もわからない。

簿記の作業でまず最初のステップになるのが、仕分けです。仕分けをするためには、数ある勘定科目が、借方なのか貸方なのか、収入なのか負債なのかなど、最初に覚えなければならないことがたくさんあります。これを覚えなければ次の転記に進めませんから、とにかく覚えるしかありません。ただ暗記をしようとすると辛くなってしまうので、言葉の意味を理解することを心がけましょう。例題に出てくる金額と照らし合わせて、イメージすると、ただの単純作業ではなくなるので、暗記の継続的にできるようになります。

転記の流れを把握する

最後のステップは転記の流れを理解することです。仕訳帳ができたら総勘定元帳や補助簿、試算表、そして最後に貸借対照表と損益計算書です。なんでこんなにたくさんの種類を書かなければいけないのと最初は思うかもしれません。しかし、簿記は一朝一夕では理解するのは難しいものです。練習を繰り返して、数字がぴったり合う感覚を身につけていきましょう。一つ一つの作業に役割があるということが分かってくれば、初めての試験の合格も近づいていることでしょう。

3級は独学でもなんとかなりますが、2級からは専門知識が増えてきます。挫折しないためにも、簿記の講座を受講することをおすすめします。わからないことをすぐに聞ける先生がいるというのは、心強いものです。

火災保険に加入をすることで安心して暮らせます

どんなメリットがあるの

火災保険のメリットとして、万が一の火災や自然災害から持ち家やアパートを守ることができます。万が一火災に巻き込まれてしまった場合においても、火災による資産紛失や家財を保険に入れておくことが可能です。自然災害や火災はいつ起こるかわかりませんので、家族や自分のためにも事前に備えておくことが大切ですよね。火災保険を長期契約することで、保険料が安くなるメリットもあります。もしものためにも、安心を買っておきましょう。

雨漏りを保証してくれる

火災保険は、雨漏りを保証してくれるということを知っていますか。風や雪などの自然災害が原因となり、屋根に穴が開いてしまった場合には火災保険の対象になります。すでに工事をしてしまった場合でも、二年以内に火災保険を申請することが可能ですのですよ。工事に支払った修理代が戻ってくるのは嬉しいですよね。しかし、対象となるのは風災における被害の場合のみです。分からない場合はまずは、専門家に相談をしてみましょう。

盗難被害を補償してくれます

物騒な世の中ですので、旅行から家に帰ってきたら盗難被害にあうなど予想もしていない事態に遭遇することがあるかもしれません。実は火災保険は盗難を補償してくれますよ。火災保険における盗難とは、盗難及び盗難に伴って起こされた被害のことをいいます。窓が割られて不審者が侵入した形跡がある場合には、盗難被害として補償がされます。火災保険には様々な場合を補償してくれるメリットがありますので、加入をしておくことが大切ですね。

火災保険は保障内容がそれぞれ異なりますから、注意が必要です。家の規模や家財の家具を考慮しながら、最適な保障内容を提示している保険を選ぶことが大事です。

よく理解しよう!担保を預け信用取引で資産運用する事の重大さ

レバレッジ効果で効率よく資産が増やせるメリット

資産運用の手段は、通常の方法による取引に加えて信用取引も選択肢の一つです。信用取引で資産運用を行うメリットは、担保を預けることにより効率よく資産が増やせる点にあるでしょう。信用取引にはレバレッジ効果があり、担保として預けた保証金を活用して大きな資金を動かせる利点があります。少ない資産でも担保を活かして投資資金を大きく動かせることから、これから資産運用を始めようと考える人も信用取引を検討する場合が少なくありません。

予想を誤れば追加で担保を失うデメリット

資産運用のため信用取引を行うことにはデメリットの面もあります。成功すれば大きな利益を得られる一方で、予想を誤った場合には損害も大きい点には注意が必要ですね。状況が好転せずに負債がさらに膨らめば、担保である保証金を失うばかりか追加で担保をさらに預ける必要があり、それ以降の投資が続けられません。このように信用取引で資産運用を行うのであれば、預けておいた担保を含め大切な資産を失う可能性がある点に注意を要するでしょう。

利点と欠点を踏まえた信用取引による資産運用

信用取引を資産運用の方法に用いるには、メリットとデメリットがあることを理解しなければなりません。その点を踏まえて上手に信用取引で資産運用するためには、投資経験が十分にあるかが重要でしょう。経験が浅い初心者は判断を誤る可能性が高く、預けた担保を失うだけにとどまらず、投資にのめり込んでさらに負債を膨らませる人が少なくありません。まずは資産運用の経験を積み重ね、その後の選択として信用取引が視野に入ります。

株の信用取引は、信用による取引ですが担保が必要です。現金、株式などの有価証券などが信用取引の担保になります。株式は変動がありますので時価に一定の率を乗じます。担保の3倍程度の取引ができます。


  Previous Page

- PAGE 2 OF 2 -

loading
×